入学式写真撮影 予約受付中

七五三祝いってどうするの?写真撮影から神社参拝までの流れ

七五三ってどういうお祝いなの?

秋になると一斉に写真館の七五三のTVCMが流れてきます。ぼんやりと7歳・5歳・3歳のお祝いだということは知ってはいるものの、詳しい内容まで知らない方は多いのではないでしょうか?せっかくなので、七五三のお祝いとは、そもそもどういうものなのかをご説明します。

七五三とはどんな行事?

昔は医療の発達した現代とは違い、亡くなってしまう子供も多かったため、子供の成長を祝い、健康を願うための行事として続いています。

男の子は5歳(又は3歳も)女の子は3歳と7歳に晴れ着を着て神社・氏神へと参拝し、無事に成長したことを感謝し、将来の幸福と長寿をお祈りします。

  • 3歳 髪置(かみおき)の儀

平安時代は男女とも3歳までは髪をそり、3歳になってから髪を伸ばすという風習がありました。乳児の頃に髪を剃ることで、健康な髪が生えてくると信じられていたそうです。

  • 5歳 袴着(はかまぎ)の儀

5歳になった男の子は、11月15日に初めて袴を着用しました。子供から少年へと成長し、男として社会の一員となることを祝う行事です。

  • 7歳 帯解(おびとき)の儀

それまではヒモを使って着物を着用していた女の子が、大人と同じように巾広の帯を締めて着物を着るようになり、その成長を祝う行事です。一人で帯を結べるようになり、一人前の人間として社会に認められるための儀式です。

七五三のお祝いは、一般的に11月15日とされています。最近では、誕生日に合わせて七五三の写真撮影をするなど、少し変わってはきていますが、北海道では、寒くなるのが早いので10月15日頃(または9~11月頃)の秋の季節に行うのが一般的となっています。

七五三のお祝いは、数え年でするべき?満年齢でするべき?
どちらでもOK!写真撮影や神社参拝には、それなりに時間と体力を使います。特に2歳と3歳では、長時間の撮影や移動に耐えられるかは、お子さんによって異なります。また、その頃の年齢だと同じ年齢でも生まれ月によって、成長度合いはかなり差があります。お子さんの性格・体格などを見極めた上で、数え年でするか満年齢で行うか決めるとよいでしょう。

神社参拝までのながれ

どの神社に参拝にいくのかを決める

写真撮影や衣装の着付けなどを行ってから神社参拝をするので、あまり遠くにいくと時間がかかり過ぎる場合もあります。また着慣れない着物をきるので、嫌がるお子さんもいらっしゃいます。その場合は、スタジオから近い神社を選ぶことをお勧めします。

もちろん遠くても広くて有名な神社に参拝に行きたいという方もいらっしゃいます。 自分のお子さんの適性をみて、どちらの神社に参拝するか決めてください。

写真撮影の予約をしましょう

秋は写真館・スタジオが最も忙しい時期です。七五三の他、成人式の前撮り撮影なども時期が重なるため、早めのご予約をおすすめします。特に週末は込み合いますので、電話であらかじめ問い合わせておくと安心です。ご予約時には、神社参拝を考えているか、撮影のみかをお伝えしておくと良いと思います。

衣装の確認

七五三の衣装を着て、神社参拝をする場合は、写真館などで衣装レンタルする場合とご自身で購入したものを着用する場合があります。衣装レンタルにお金はかかるのか、着付けやヘアーセットはついているのか、など確認をしておくとよいでしょう。ご両親の服装も、ある程度フォーマルなものをご用意していた方がよいとされています。

すたじおわくらの場合、1万5,000円(税抜)以上のご購入で、神社参拝用の衣裳貸し出し料金は無料となります。足袋は外出してしまうと汚れてしまうので、別途お客様ご用意して頂くか、店内で500円(税抜)にてご購入頂けます。神社参拝時の着付やヘアーセットも無料となっていますので、ご安心ください。

神社参拝の予約

神社によって、七五三参拝には予約が必要な神社と、予約が必要ない神社があります。事前に必ず電話で問い合わせをしておきましょう。

また駐車場の有無や歩く距離なども事前に調べておくとよいです。着物を着慣れないお子さんにとって、玉砂利の上など歩きにくい場所を歩くのは本当に大変です。予備の靴を持っていき、神社の境内に入るところから草履に履き替えるなどすると、ストレスなく参拝できると思います。

御祈祷の謝礼(玉串料・初穂料)を用意しよう

神社によって、玉串料(初穂料)の規定料金を設定している場合があります。

事前にHPで確認するか、電話にてお問い合わせをしておきましょう。特になかった場合は、相場は3,000円~1万円くらいと考えておいてよいでしょう。

当店で人気の神社のご紹介

当店で写真撮影をされる方に人気な神社をご紹介します。

中央区

北海道神宮

北海道で神社といえば、北海道神宮を思い起こす方が多いかと思います。札幌市民憩いの場所である円山公園に隣接する神宮です。境内は非常に広く、公園内の自然とあいまって、素晴らしい景色となっています。数多くの参拝客が訪れ、海外からの観光客も多いです。

〒064-8505
札幌市中央区宮ケ丘474番地
電話 011-611-0261
FAX 011-611-0264

札幌護国神社

札幌市中央区の中島公園に隣接する神社です。広々としており、結婚式や和装での写真撮影などで利用される場合があります。中心部からのアクセスもよいため、人気のある神社です。

〒064-0915
札幌市中央区南15条西5丁目1番地
電話 011-511-5421
FAX 011-511-5422

豊平区

月寒神社

豊平区にある月寒公園に隣接する神社です。住宅街の奥まった位置にあるので、地元の人がいく神社として親しまれています。

〒062-0023
札幌市豊平区月寒西3条4丁目1番56号
電話 011-851-0857
FAX 011-855-0969

西岡八幡宮

水源地通りという大きな通りに面する立派な建物の神社です。札幌大学の近くにあります。

〒062-0034
札幌市豊平区西岡4条8丁目293番地
電話 011-854-8003
FAX 011-851-3462

白石区

白石神社

地下鉄駅南郷通13丁目から徒歩10分くらいの場所にある神社です。参拝客が多いことでしられており、立派な鳥居とお庭を見ることができます。

〒003-0027
札幌市白石区本通14丁目北1番12号
電話 011-861-2609
FAX 011-862-4969

厚別区

大谷地神社

南郷通に面する場所にある神社です。近くには北星学園大学もあります。

〒004-0042
札幌市厚別区大谷地西2丁目2番1号
電話 011-891-2235

>すたじおわくら

すたじおわくら

  • TEL 011-807-7295
  • 営業時間 10:00~18:00
  • 定休日:毎週水曜日+第2・4火曜日
  • (繁忙期は除く。営業日の詳細はカレンダーをご確認ください。)
  • 〒004-0864
  • 札幌市清田区北野4条3丁目1-37南雲ビル1F

CTR IMG